お菓子

ポップコーンは何歳から食べられる?ディズニー・アンパンマン・キャラメルコーン・手作りは子供は何歳から?安全な食べさせ方!

ポップコーンは何歳から食べられる?子供は何歳から?と

心配されている方も多いと思いますが…

ポップコーンを食べさせるなら3歳からがおすすめです。

こちらの記事では…

ポップコーンは何歳から食べられる?こちらの詳しい内容や

ディズニーのポップコーン

アンパンマンポップコーン・キャラメルコーン・手作りポップコーンは何歳から食べさせても良い?についても

詳しく解説しています。

ポップコーンを食べさせる場合の注意点

子供の安全な食べさせ方

ポップコーンを手作りしたい!子供が食べやすくなる作り方やコツもまとめており

子供におすすめ!ポップコーンのお取り寄せできる商品をご紹介しています。

無添加のポップコーンはネットや通販でも購入可能です。

無添加だとお子様も安心して食べられるのでおすすめです。

良かったらこちらをチェックしてみてくださいね▼

ポップコーンは何歳から食べられる?

ポップコーンが好きなお子さんも多いですが、小さなお子さんだと喉に詰まったりしないか少し気がかりですよね。

子供はいつから食べてもいいのか?

ポップコーンは赤ちゃんでも食べさせることができるのか?

0〜1歳、2歳、3歳と年齢別に注意点も含めてご紹介します。

ポップコーンは子供は何歳から?

ポップコーンを食べさせるなら3歳からがおすすめです。

2歳の場合は注意して様子を見ながら食べさせると良いでしょう。

0〜1歳のお子さんは控えた方がいいかもしれません。 

0歳〜1歳は?

ポップコーンを0〜1歳のお子さんにあたえるのは控えた方が良いでしょう。

0〜1歳は、歯がまだ生えそろっていない赤ちゃんも含みます。

離乳食を始めたばかりという場合もあり、ポップコーンを噛むのが難しく、喉に詰まらせるリスクも高くなります。

ポップコーンに含まれる塩分も赤ちゃんにとっては多いです。

1日の食塩摂取量の目安は約1.5g(生後6〜11か月の場合)で、ポップコーン1袋あたりの食塩量は約0.7gと1日の摂取量の半分をしめてしまいます。

塩分の摂りすぎになってしまう恐れがあるのでポップコーンを食べさせるのは控えましょう。

2歳は?

2歳のお子さんは注意して様子を見ながらであれば、ポップコーンを食べさせてもOKです。

お子様の成長によっては、まだ完全に歯が生えそろっていない場合があります。

その為、しっかりと噛むことができずに飲み込んでしまう恐れがあります。

特に小さめの粒は丸々飲み込んでしまって喉に詰まる危険性もあるので注意します。

お子様が食べている時はしっかりと様子を見てあげましょう。

ポップコーンには固い粒の部分もあるので、固い部分は取り除いて、柔らかい部分をちぎって食べさせるなど工夫して少しずつあたえることを推奨します。

3歳は?

3歳からであれば、ポップコーンを食べても良いでしょう。

3歳になると歯も生えそろってくるので、ポップコーンを食べる際もしっかり噛むことができるようになってきます。

固い粒も飲み込んでしまう心配もなくなり、喉に詰まるリスクは下がります。

ポップコーンをおやつに食べさせても問題ありません。

固い部分は取り除いてあげたり、量を調整しながら食べさせてあげると良いと思います。

市販のものに比べて塩分やカロリーを抑えることができるので、ご自宅でポップコーンを手作りするのもおすすめです。

ディズニーのポップコーンは何歳から?

ディズニーのポップコーンはだいたい2歳ごろから食べることができます。

ただし、ディズニーのポップコーンを食べさせる際に気をつけるポイントがあります!

・アレルギーがないか

・フレーバーの選び方

・食べる量

・食べ物をしっかり噛むことができるか

以上の点には十分注意しましょう。

ディズニーのポップコーンはさまざまなフレーバーがあります。

フレーバーによってアレルゲンを含む商品があるので購入時に確認が必要です。

メニュー含まれているアレルゲン
ポップコーン カレー小麦、牛肉、ごま、大豆
ポップコーン キャラメル大豆
ポップコーン しょうゆバター小麦、乳、大豆
ポップコーン ソルトなし
ポップコーン ミルクチョコレート小麦、乳、大豆
ポップコーン ブラックペッパーなし
ポップコーン ハニー大豆
ポップコーン オレンジチョコレート大豆

詳しくはこちらをご覧下さい。

ディズニーリゾート「アレルゲン情報」

アレルギー以外にもフレーバーを選ぶ際は濃い味のフレーバーは避けると良いでしょう。

カレーやブラックペッパーなど子どもには刺激が強いので、アレルゲンも含まずシンプルな味のソルトがおすすめです。

食べる量も塩分やカロリーの摂りすぎにならないように少量にします。

バケットごとあたえるのはやめて調整してあげると良いですね。

ディズニーポップコーンは2歳ごろから食べることができますが

幼いお子さんに食べさせる場合には自分でしっかりと噛むことができるようになってからあたえるようにします。

幼いお子さんが食べる時は一気に口に入れないように少しずつ食べさせてしっかり噛んでいるか、飲み込むまで様子を見てあげて下さい。

固い粒を丸呑みしないように、あらかじめ取り除いてあげると安心です。

ディズニーのポップコーンバケットはお取り寄せ可能です。

小物入れとしても使えるのでおすすめです。

色々種類があるので覗いてみてくださいね▼

アンパンマンポップコーンは何歳から?

できれば3歳以降に食べさせるのがおすすめです。

スーパーのゲームコーナーやゲームセンターに置いてあるアンパンマンの「ポップコーンこうじょう」は楽しくポップコーンを作って食べれるため子どもの食いつきもよく、遊びたがります。

ただ、味付けもしっかりされていて塩分もカロリーも高いので早くても2歳、できれば3歳以降から食べさせるようにします。

フレーバーは5種類あります。アレルギー成分を含むのでお子さんにアレルギーがないことを確認してから食べさせてください。

フレーバーアレルギー成分
しお大豆、乳
バター大豆、乳
キャラメル大豆、乳、小麦
チーズ大豆、乳
ピザ大豆、乳

気になる衛生面はカップに仕込んであるインナーバックによりポップコーンがマシーンに触れないようになっていますので安心です。

キャラメルコーンは何歳から?

キャラメルコーンは2歳ごろから食べさせても大丈夫です。

早い方は1歳〜1歳半で離乳食完了期くらいから食べさせている方もいますが、2歳ごろから食べさせるのがおすすめです。

キャラメルコーンの中には子どもが食べやすいアンパンマンキャラメルコーンもあります。

粒が小さめで、ピーナッツが入っていません。

さらにカルシウム配合で幼いお子さんでも食べやすいです。

ただ、キャラメルコーンは歯応えもしっかりあるのでしっかり噛んで食べられるようになってから食べさせる方が良いでしょう。

甘みもありカロリーも1袋297kcalあります。

1〜2歳のお子さんであれば間食で摂取してもいいのは100〜150kcalですので、1日にあたえる量は多くても1/2袋までに抑えるようにします。

キャラメルコーンは乳成分と大豆のアレルギー成分を含みます。

キャラメルコーンを食べさせる際にはアレルギーがないかの確認も必要ですので気をつけてください。

キャラメルコーンはお取り寄せ可能です。

まとめ買いや楽天ならスーパーセールやお買い物マラソンの時に買うと

ポイントアップしてお得に買うことができます。

詳しくはこちらをチェックしてみてくださいね▼

手作りポップコーンは何歳から?

1歳半を過ぎると食べても問題ありませんが、まだしっかりと噛むことができてないなどお子様の成長に合わせて食べさせてみると良いでしょう。

保育園などは2歳児クラス以上からポップコーンをおやつに出す所が多いようです。

1歳半〜2歳ごろを目安におやつに手作りポップコーンを食べさせてみましょう。

ただし、手作りポップコーンは使うトウモロコシの豆によるかもしれませんが、市販のものに比べてトウモロコシの皮が硬い場合があります。

弾け切らず豆状のままのトウモロコシが残っている事も結構あります。

喉に引っ付いたり詰まる可能性もありますので、やわらかい部分を選んで食べさせたり、市販のものに慣れてからあたえるなど工夫してみるといいですね。

ポップコーンを食べさせる場合の注意点は?

幼いお子さんにポップコーンを食べさせる場合はいくつか注意すべき点があります。

・喉に詰まる

・塩分が多すぎる

・アレルギーを起こす

以上の点を注意して安全なポップコーンの食べさせ方を解説します

喉に詰まる

子どもは大人に比べて気管が狭いです。

大人からするとポップコーン1粒は小さいですが、子どもにとっては喉に詰まらせる恐れがあります。

「3歳の子供がポップコーンを詰まらせて嘔吐した」という口コミもありました。

口の中の水分もうばわれて飲み込みづらいこともありますので一人で食べさせずに、目を離さないようにしましょう。

塩分が多すぎる

ポップコーンの定番は塩味です。

市販のものであれば特に味付けもしっかりされているため塩分が気になります。

1袋あたり約0.7〜1.45gの塩分が含まれています。

3歳くらいの子供が一日に摂取できる塩分が4.0〜4.5gなので、食事で摂取する塩分も考えるとおやつで摂取する塩分はできるだけ控えたいところです。

口コミを見てみると「2歳の子供には、手作りポップコーンなら塩分控えめにできるし食物繊維もとれるのがいい」など手作りすることで塩分を調整して食べさせているという方が多く見られました。

アレルギーを起こす

ポップコーンの基本材料はトウモロコシ、塩、油です。

アレルギー持ちのお子さんでも安心して食べさせることができます。

ただし、商品や味付けによってアレルギー特定原材料を含む場合があるので注意が必要です。

食べさせる際はアレルギーについて原材料などを確認しましょう。

「子供がアレルギーあって食べれないもの多いけど、ポップコーンは味によって食べれる」

「アレルギー持ちの子供がチョコがかかったポップコーンを食べて蕁麻疹が出た」という口コミもありますのでお子さんのアレルギーと商品のアレルゲン情報を確認してから食べさせても良いか判断してください。

ポップコーンの子供の安全な食べさせ方とは?

子供にポップコーンを安全に食べさせるには、喉に詰まらせないように注意することが大切です。

【ポップコーンが喉に詰まらないように守ること】

・1粒ずつ食べるようにする

・口の中のものがなくなってから次のポップコーンを食べさせる

・固い豆状のものは取り除く

さらに、心配な場合は固い殻は取り除いて柔らかい所だけ食べさせるといいですよ。

ポップコーンを購入する場合はアレルギーもあわせて確認しましょう。

ポップコーンを手作りしたい!子供が食べやすくなる作り方やコツとは?

手作りポップコーンは調理方法を工夫すれば、幼いお子さんでも食べられます。

お子さんが食べるポップコーンを作るならノンフライがおすすめです。

油を使わない調理方法で低カロリーで安心して食べることができるポップコーンを作ることができます。

ポップコーンそのものの味でも幼いお子さんであれば食べてくれますが、どうしても味が欲しい場合は塩を少しかけたり、青のりで風味を加えるのも良いです。

フライパンでも電子レンジでも作ることができます。

フライパンで作る場合

作り方

⑴フライパンにとうもろこしの豆を好みの量入れます。

⑵中火にかけ、フライパンをゆすります。

⑶2〜3分程すると豆が弾け始めます。豆が弾け始めても、焦げないようにフライパンをゆすります。

⑷ポンポンと弾ける音が2〜3秒間隔になったら火を止めます。

⑸予熱で弾けるので弾け終わるまで待ちます。

電子レンジで作る場合

作り方①紙袋を使用

⑴紙袋にとうもろこしの豆を好みの量入れます。

⑵電子レンジで600wなら2分半〜3分程、500wなら3〜4分程加熱します。

作り方②ボールとラップを使用

⑴耐熱のボールにとうもろこしの豆を好みの量入れ、ラップをかけます。

⑵電子レンジで600wなら2分半〜3分程、500wなら3〜4分程加熱します。

電子レンジで作れる商品を利用すると、手軽に手作りポップコーンが作れます。

ポップコーン子供におすすめお取り寄せ通販できる商品をご紹介!

ポップコーンは手軽で忙しいママさんでも手作りしやすいおやつです。

特に電子レンジで作れるタイプは簡単ですぐに作ることができるのでおすすめです。

電子レンジで作れるポップコーン

通販で購入できる電子レンジで作れるポップコーンを3つご紹介します。

① 十勝ポップコーン~黄金のとうもろこし畑

とても人気のお取り寄せできるポップコーンをご紹介します。

・安心の国産(北海道産)で子供も食べれる。

・レンジで簡単作れる!

・塩味(食塩相当量:0.8g)

・個数も選べるので便利!

② 宮川産業 国産 ポップコーン豆 電子レンジ用 とうもろこし丸ごと

・とうもろこしを丸ごとポップコーンにできる!

・塩などの味付けはされてないので好みの味付けにできる

・アオサ粉をふりかけてもOK

おすすめ情報をCHECK!

③ 【電子レンジ用ポップコーン】ポップちゃん塩味99g

・レンジで3分で出来上がり!

・1個で4人前

・酸化防止剤を使用していないので安心

・塩味以外にもバター味がある

 

お取り寄せノート

当サイト「お取り寄せノート」では…

スイーツやお菓子のお得な情報をたくさんまとめております。

宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

スイーツ情報記事一覧へ

-お菓子

© 2022 お取り寄せノート Powered by AFFINGER5