お菓子

台湾カステラは炊飯器で失敗する? 生焼け・焼けない・膨らまない・しぼむ時の原因と対処方法や失敗しにくいレシピもご紹介

台湾カステラは炊飯器で失敗する?についてですが

「生焼けになって膨らまない」「しぼんでしまった」という方は結構おられるようです。

こちらの記事では…

台湾カステラ生焼けの原因と対策について

炊飯器とホットケーキミックスで手作りできる!家事ヤロウのレシピについて

台湾カステラオーブンでの作り方とは?失敗しにくいレシピをご紹介

膨らまない時の原因や対処方法をご紹介

しぼむ時の原因や対処方法についてご紹介しています。

 

台湾カステラは炊飯器で失敗する?焼けない時

しっとりふわふわな生地が魅力の台湾カステラ。

炊飯器を使って、まるみのある台湾カステラを簡単に作ることができますが、実際に作ってみると「生焼けになって膨らまない」「しぼんでしまった」という失敗てしまうことが多いようです。

今回は、台湾カステラが生焼けになってしまう原因や対策、膨らまないときやしぼんでしまうときの対処法を紹介します。

あわせて、ホットケーキミックスを使用して簡単に台湾カステラを作れる『家事ヤロウ』のレシピをまとめているので「上手に作るのが難しい」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

台湾カステラが炊飯器で生焼け!原因と対処法をご紹介

炊飯器で台湾カステラやケーキを作る時に一番多い失敗が「生焼け」になります。

炊飯器のメーカーなどによっても性能にバラつきがあるため、仕方ないと諦めている方も多いのではないでしょうか。

そこで、台湾カステラが炊飯器で「生焼け」になってしまう原因と対処法についてまとめてみました。

 

台湾カステラが炊飯器で生焼けになる原因とは?

炊飯器で台湾カステラを作ってみると、均等に加熱されず、上半分がドロドロで焼けない状態で、お皿に移せなくなることが多いようです。

再度炊飯器で加熱すると、焦げてしまうことも…。

炊飯器はもともとお米を炊くためのものであり、カステラやケーキを焼くのに適した温度ではないことが原因です。

対処法としては…

炊飯器に「ケーキモード」の機能が付いている場合は「ケーキモード」を使用してみたり

3合炊きではなく5合炊きを使用すると半熟になることなく、綺麗に焼ける確率が高いようです。

 

台湾カステラが炊飯器で生焼けの時の対処法をご紹介

炊飯器で台湾カステラを作り、底が 焼けてないなど生焼けになってしまった時の対処法は2つあります。

そのまま再度炊飯を行うか、電子レンジやフライパンで加熱してみましょう。

生焼けの台湾カステラを、炊飯器や電子レンジで加熱するときの手順と注意点は以下の通りです。

 

炊飯器の場合

【手順】

1.炊飯器を保温モードにして内窯が冷えるまで待つ

2.ケーキの状態を把握するため、10分間隔で炊飯器の中を確認

3.上部や中がきちんと焼けていない場合は、上下をひっくり返して再加熱する

注意点

ひっくり返す際は、鍋つかみなどを使用して火傷に気をつけながら炊飯器の釜を取り出しましょう。

 

電子レンジの場合

【手順】

1.生焼けのケーキをお皿にのせて全体をふんわりラップで包む

2.電子レンジで3分加熱する

3.焼け具合を確認しながら時間を調整する

4.生焼けの部分に火が通ったら電子レンジから取り出して粗熱を取る

【注意点】

電子レンジで加熱して生焼けだった部分に火が通ると、その部分だけ生地が膨らんでしまうことがあります。

加熱しすぎると水分が飛んで生地がパサパサになってしまう原因になるため、電子レンジで加熱しているときは生地の変化をよくチェックしましょう。

 

台湾カステラを炊飯器とホットケーキミックスで手作りできる!家事ヤロウのレシピについて

ホットケーキミックスを使用して簡単に作れる、2021年12月28日のテレビ朝日系「家事ヤロウ」で放送されたレシピを紹介します。

「お菓子作りは苦手」という方でも、とても手軽に美味しく作れますよ!

材料【作りやすい分量】

・サラダ油 50㏄

・ホットケーキミックス 90g

・牛乳 60㏄

・砂糖 70g

・卵黄 4個分

・卵白 4個分

作り方【調理時間 約65分】

1.ボウルにサラダ油とホットケーキミックスを入れて混ぜる。

滑らかになったら牛乳、卵黄を加えてかき混ぜる。

2.別のボウルで卵白を泡立ててメレンゲを作る。

ツノが立つまで泡立てたら、砂糖を加えてかき混ぜる。

3.(1)の生地に(2)のメレンゲを加え、メレンゲの泡を潰さないよう軽く混ぜる。

4.炊飯器に油を薄く塗って生地を流し入れ、炊飯モードで約1時間。

5. 炊き上がったら炊飯釜をひっくり返して取り出す。

※取り出しにくい場合は、炊飯器を上から軽く数回叩く。

6.お皿に盛り付けたら完成♪

 

台湾カステラのオーブンでの作り方とは?失敗しにくいレシピをご紹介

オーブンを使用して台湾カステラを作る方向けに、失敗しにくい作り方のレシピを紹介します。

材料【4人分】

・卵 2個

・牛乳 30ml

・薄力粉 35g

・ハチミツ 12g

・サラダ油 30g

・グラニュー糖 35g

【作り方】

1.卵黄と卵白を分ける。ボールを2つ使用する。

※メレンゲを作る際、卵白に黄身が入っているとメレンゲの角が立たないので注意。

2.卵黄のボールにハチミツ、サラダ油、牛乳を入れてかき混ぜる。

※牛乳と油は分離するため、しっかりと混ぜます。混ざっていないと生地が萎んだりふっくら仕上がらない原因になるので注意。

3.茶こしを使用して小麦粉をこす。

※薄力粉をふるわないと大きな粒が残ったままになり、混ぜてもダマが無くなりません。

4.卵白のボールにグラニュー糖を2、3回にわけて入れ、メレンゲを作る。

※少し角が寝るぐらいがベスト。低速で泡立てて、1回目のグラニュー糖を入れたら高速で混ぜる。

5.卵黄のボールと卵白のボールを混ぜ合わせる

※全体が混ざったらOK。混ぜすぎると気泡が潰れてしぼんでしまいます。

6.18cmのバウンド型にキッチンペーパーを使用し、サラダ油を塗る。

※ブリキやアルミの場合は、クッキングシートをご利用下さい。

7.型に生地を流し込み、天板に約40℃のお湯を張り、オーブンで160℃30分間焼き上げる。

※しっかりと空気が抜けるように10cmの高さから2回ほど落としましょう。

8.金串を刺してみて、刺した部分が熱ければ火が通っています。お皿に取り出して完成です。

 

 

台湾カステラが膨らまない!原因や対処方法について

台湾カステラが上手く膨らまないのは「生地内の気泡が少ないこと」が原因です。

そもそもメレンゲなしだと膨らまないので、入れ忘れないようにしましょう。

膨らまないときの対処法は、以下の3つです。

・角が立つくらいしっかりと泡立てる

・卵黄とメレンゲの混ぜ具合を調整(混ぜすぎている可能性があるため)

・作った生地は何分も放置せず、すぐに焼く(時間が経つと気泡が抜けてしまうため)

「なかなか上手くできない」という時には試してみてくださいね。

 

台湾カステラがしぼむ!原因や対処方法について

焼き上がりはフワフワなのに、時間の経過とともにどんどんしぼんでいったという経験がある方も多いのではないのでしょうか。

台湾カステラがしぼんでしまう時に考えられる、主な原因は以下の8つです。

・メレンゲの泡立てが弱い

・粉が良く混ざりきっていない

・古い卵を使用した

・油の温度が低かったり、温度が高すぎる

・焼き時間が足りていない

・気泡を安定させるために重要な砂糖を減らしている

・メレンゲを泡立てる際に、泡を潰しすぎている

・焼きあがったあと、ガス抜きをしていない

原因を改善しても、しぼんでしまう時の対処法は、新鮮な高級卵を使用することと

小麦粉の1%〜4%ほどの量のベーキングパウダーを生地に混ぜること。

この2点を用いて台湾カステラを焼いてみることで時間が経っても、しぼみにくくなるようです。

小麦粉におからパウダーを混ぜて、低糖質の台湾カステラを作ってみたり、チョコを混ぜてチョコ味の台湾カステラを楽しんでみたりと

台湾カステラは色々なアレンジ方法があるので、ぜひ自分好みにアレンジしてみてください。

-お菓子

© 2022 お取り寄せノート Powered by AFFINGER5