当サイトはプロモーションを含みます

ディズニー

ディズニー年パス元取るのは何回で元取れる?両パークの料金は?いくらだった?年パスの廃止理由は?復活する?廃止はいつから?

ディズニー年パス元取るには何回で元取れる?についてですが

現在年間パスポートは販売されていないのですが

過去の値段から考えてみましたが、1ヶ月に1回行けば元が取れるように設定されていました。

 

こちらの記事では…

ディズニー年パス元取るには何回で元取れる?についてや

両パークの料金はいくらだったかを詳しく解説しており

ディズニー年パス廃止理由年パスは復活する?かについてと

年パス廃止はいつから?もまとめております。

 

ホテル予約がまだの方にお勧めのサイトがあります。

旅行会社によってお得なプランが違うので

良かったらチェックしてみてくださいね▼

クーポン一覧

■全国旅行支援で最大20%OFF!クーポンも付いてくる!

※JTBは朝食や夕食付きプランが選択可能!
 楽天トラベル | じゃらんJTB  | るるぶ |yahooトラベル |  一休.com  |

※HISは航空券付きがお得♪
HIS | JALパック | ジェイトリップ | 

 | スカイツアーズ | 近畿日本ツーリスト | 

日本旅行 ゆこゆこ  

■レジャー施設最大92%OFF!
アソビューのクーポンはこちら 】

■5のつく日はポイントUP!
楽天トラベル

■いつでも最大5%還元!
yahooトラベル

 

ディズニー年パス元取るのは何回で元取れる? 両パークの料金は?値段はいくらだった?

ディズニーの年間パスポートですが

現在は2023年7月時点で、ディズニーの年間パスポートは販売休止中となっております。

 

ディズニーは子供だけでなく大人も夢中になれる場所で、訪れるゲストが最高に楽しむことができるように様々な工夫が施されています。

ただ、現状では年間パスポートの再販予定がなく、そのため公式サイトからも価格情報などは削除されています。

 

今後、価格が上がる可能性も考えられます。

以下は以前の内容となるので、将来的に年パスの再販がある場合にいくらだったのか参考にしていただければと思います。

 

まず、ランドとシーの2パーク共通年間パスポートの価格は…

・大人及び中人は99,000円(税込)

・小人は57,000円(税込)

・シニアは85,000円(税込)

上記の価格でした。

 

次に、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのそれぞれの年間パスポートの価格は…

・大人及び中人は68,000円(税込)

・小人は40,000円(税込)

・シニアは58,000円(税込)

となっていました。

現在の一日パスポートは日によって価格が異なりますが

最高価格の9,400円を基準にすると、ランドもしくはシーの年間パスポートを利用する場合

年間で7回以上ディズニーパークを訪れる方には年パスがお得ということがわかります。

なお、2023年10月からは一日パスポートの最高価格が10,900円に変わる予定となっています。

値段も推移しており、高くなっていますね。

年間パスポートの購入は、公式サイトの「オンライン予約・購入サイト」から行えますが

現在は年パスの販売を休止しているため、具体的な情報は掲載されていません。

 

ディズニーグッズをお持ちの方は高く売ることができるんです。

段ボールも送ってくれるので、箱に詰めて送るだけ!

とっても簡単♪と話題なのでぜひチェックしてみてくださいね▼

 

ディズニー年パス廃止理由は?

ディズニーの年間パスポートが廃止された理由についてですが、公式サイトでは、「現在販売を中止している」と公開されています。

年間パスポートは現在販売を中止しております。

引用元:ディズニー公式サイトより

一部のSNSで年間パスポートの廃止が話題となっていましたが、これは公式な発表ではなく、

現段階では、日本のディズニーパークでは年パスが廃止はされていないんです。

では、なぜそんな噂が流れたのでしょうか。

 

実は、これはアメリカ、カリフォルニアのディズニーランド・パークが2021年1月14日に年間パスポートの販売を終了しました。

ディズニーはアメリカ発祥の企業ですから、日本もこれに追随するのではという憶測が立ち、その結果年パス廃止論が盛り上がったようです。

しかしながら、東京ディズニーリゾートは全世界のディズニーパークの中で唯一直営ではなく、運営はオリエンタルランド社が担当しております。したがって、本家アメリカからのアドバイスは受け入れつつも、運営や判断は日本独自で行われます。

一方で、年間パスポート保有者の影響についても考えてみましょう。年パスが販売されていた時、ショー・パレードを目当てにして長時間パーク内に滞在するゲストが多く、これが一部のゲストの不満を生んでいました。開園から公演時間までの長い時間帯を占有する行為は、その他の一般ゲストがショー・パレードを観覧できない問題を引き起こし、顧客満足度低下の一因となりました。

しかし、現在では年間パスポートが販売されておらず、全てのゲストが事前にパークチケットを購入する必要があります。

その結果、先述の長時間占有する「地蔵」行為が減少し、一般ゲストの満足度が向上したと言えますね。

 

また、年間パスポート保有者の中には、ショー・パレードを目当てにパークを訪れるゲストが多く

彼らはグッズやフードにあまりお金を使わない傾向がありました。

この結果、客単価が低下し、パークの売上・利益に繋がらないという課題もありました。

 

また、東京ディズニーリゾートでは、パークに来た訪問者だけが特定のグッズやスーベニアを手に入れることができます。

しかし、そのアイテムを転売目的で大量に購入する人々がいて、一般のお客様にとって迷惑な存在となっていました。

現在はその数は減少していますが、まだ一部にはそのような行動をとる人々がいるようです。

利用者からも、「年パスをやめてほしい」という声も多かったようです。

 

以上を踏まえると、年間パスポートの存続については

パークの運営方針やゲストのニーズを考慮に入れつつ、引き続き議論と改善が必要とされる課題であると言えるでしょう。

 

ディズニー年パスは復活する?

年間パスポートについては、再発行の可能性があるものの、現状ではその見通しは難しいとされています。

しかしながら、米国のディズニーパークの例を見ると、何らかの形で復活する可能性があるという見方もできます。

その一方で、代わりにお得な「ファンダフル・ディズニー」の拡充という新たな取り組みが進められています。

これは、年間パスポートホルダーへの対応策の一つと見られています。

運営側からは、入園者数を減らし、一人当たりの満足度と支出を増やすという新たな方向性が示されています。

これはゲストの満足度向上と経営の安定化を図るための方針です。

 

ディズニー年パス廃止はいつから?

ディズニーの年間パスポートは、廃止思われている方も多いですが、廃止ではなく、公式は現在は「休止中」とされています。

 

年間パスポートについては、完全になくなった訳ではなく

再発行の可能性が完全に否定されているわけではありませんが、現状ではその見通しは不明確です。

一時期、平日のみ利用できるパスポートの導入が検討されていましたが、最近の発表ではその話題は出てこないため、パスポートの完全な廃止も考えられるようになっています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年7月から年間パスポートの利用が停止され、有効日数の残りを日割りで計算した額が払い戻されました。その後、年間パスポートの払い戻しは完了し、現在はその販売も休止しています。

今後、近い将来に販売が再開されることは予想されていません。

また、アメリカのディズニーランド・パークにおいても、2021年1月に年間パスポートの販売が終了しています。

 

観光に行く予定の方は周辺のスポットを検索しておくと便利です。

人気のカフェや体験などもあるので

チェックしてみて下さいね▼

 

お取り寄せノート

当サイト「お取り寄せノート」では…

ディズニーや食べ物や旅行に関するお得な情報をたくさんまとめております。

宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

お得な情報記事一覧へ

© 2023 お取り寄せノート Powered by AFFINGER5