お菓子

ナッツ食べ過ぎは肝臓に悪い?太る?高血圧やコレステロールや胃痛・腹痛・下痢・頭痛・吐き気などの症状について

ナッツの食べ過ぎは肝臓に悪い?ですが

結果的に肝臓の機能悪化につながります

こちらの記事では…

ナッツの食べ過ぎは肝臓に悪い?についてや

高血圧やコレステロールが増える?

ナッツは食べ過ぎると太るの?1日に食べていい量について

食べ過ぎるとどうなる?症状一覧でご紹介をしています。

ミックスナッツをおやつ代わりに食べるのも良いですね!

無添加のナッツはア安心して食べれるので人気です。

お子様からお年寄りまで好きな量を食べれるのが良いです。

▼こちらからチェックしてみてくださいね

ナッツの食べ過ぎは肝臓に悪い?原因について

ナッツの食べ過ぎは、結果的に肝臓の機能悪化につながります

ナッツは食物繊維も多く健康に良いと言われていますので

適量であればナッツを食べることで、良い効果があるとも言われています。

くるみの食べ過ぎは肝臓に悪い?

くるみは肝臓の疲労を回復してくれると言われています。

ポリフェノールも含まれているおり、身体に有害な活性酸素を取り除いてくれます。

エイジングケアとしてやオメガ3脂肪酸やビタミンEは血流を良くすると言われています。

しかし、くるみは食べ過ぎると脂質が多く、油や塩分も多いので良くないとされています。

アーモンドの食べ過ぎは肝臓に悪い?

アーモンドには、ビタミンEが多く含まれています。こちらも血流を良くすると言われています。

亜鉛ですが食べすぎると肝機能の低下の原因になるのでアーモンドも食べ過ぎは良くないです。

ピーナッツの食べ過ぎは肝臓に悪い?

落花生に含まれる成分のビタミンE、はエイジンケアとして使われることも多くナイアシンは肝臓の働きをよくすると言われています。
しかし、ピーナッツは半分は脂質でできているため、コレステロールとなりm内臓の周りや肝臓に蓄積し、太ると言われています。

このようにナッツは一日の摂取量を守ることで良い効果を発揮してくれます。

食べ過ぎは控えるようにしましょう。

ナッツの食べ過ぎは高血圧になる?

バターや塩のきいたナッツでなければ、ナッツが原因で高血圧になることはありません

ナッツにはカリウム・ビタミンE・マグネシウムなどが多く含まれています。

ナッツを食べる時に気をつけるポイントは塩やバターを使用してないものを選んで1日の適量を守って食べることです。

量を守って食べれば体に良いとされているので、毎日少しずつ食べるのがおすすめです。

ナッツの食べ過ぎはコレステロールが増える?

ナッツにはコレステロールのバランスを改善すると言われているそうです。

アーモンド、クルミ、ピーカンなどのナッツ類は、脂質を多く含む多脂性食品で、少量でもカロリーの多い食品だ。しかし、植物性蛋白質、不飽和脂肪酸、食物繊維、ミネラルなども豊富に含まれる。ナッツ類に含まれる抗酸化作用をもつ栄養素や植物ステロール(フィトケミカル)が、血中のLDLコレステロールを低下させ、善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善すると考えられている。

引用元:https://dm-net.co.jp/calendar/2010/010109.php

こちらの内容を見て頂いてわかるように、

また、ナッツ類の中でも特にアーモンド・マカダミアナッツ・カシューナッツに豊富に含まれるオレイン酸が

血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らす効果があるともされています。

更に悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスも整えてくれるんですね。

ナッツの食べ過ぎは太る?1日に食べていい量は?

小腹が空いた時や間食にナッツを食べていたけど

「ついつい食べ過ぎてしまう」とか、「食べ過ぎたら太るんじゃないか?」と心配な方もいるでしょう。

では、ナッツの食べ過ぎで太ってしまうのでしょうか?

1日に食べる量はどのくらいがいいのでしょうか?

ミックスナッツの食べ過ぎは太る?

ナッツは油分が多くカロリーも高めですが、食べる量を守っていれば太ることはありません

適量を食生活に取り入れることで食事制限されている方におすすめな食べ物なのです。

油には健康をサポートする『不飽和脂肪酸』のとりすぎに注意する必要がある『飽和脂肪酸』があります。

健康をサポートしてくれる油(不飽和脂肪酸)がナッツ1粒あたりの半分以上をしめています。

不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があり

さらにナッツに含まれるビタミンには代謝の手助け、食物繊維は食べ過ぎを抑えてくれるます。

ナッツを普段の食生活に取り入れることで痩せやすい体を作る手助けをしてくれると言われています。

食事の30分〜1時間前に適量のナッツを食べることで満腹感を得られて、食べ過ぎを防ぐことができます。

腹持ちの良いナッツはダイエット中の間食に食べるのにもいいですよ!

ナッツを1日に食べていい量は?

ナッツは美容や健康、ダイエットにも効果があると分かりましたが、食べ過ぎには注意が必要です!

脂質が多いため1日あたり150kcalを目安に食べましょう。

ミックスナッツの場合は約25g(片手一掴み程度)を目安に食べるといいでしょう!

▼一般的によく食べられているナッツ類各種の150kcalあたりの量▼

・アーモンド:20~25粒

・くるみ:4~6粒

・ピーナッツ:20~25粒

・マカダミアナッツ:7~10粒

・カシューナッツ:12~18粒

 

食べるナッツを選ぶ時は「素焼き・食塩無添加」を選ぶようにすると良いでしょう。

満足感を得ることができる食べ方のコツは、水分と一緒にしっかり噛んで食べることです!

ミックスナッツは素焼きの物も人気です。

通販お取り寄せも可能なので

▼良かったらこちらから覗いてみてくださいね

ナッツを食べ過ぎると病気になるの?症状一覧でご紹介

体に良い効果をもたらすナッツですが

過剰に摂取した場合や食べ過ぎによる症状の一覧でまとめました。

参考にして頂ければと思います。

胃痛を起こす

ナッツの食べ過ぎで胃痛になる原因のひとつに消化の悪さがあります。

その他、ナッツが原因で胃が痛くなる理由にはナッツの油と食物繊維もあります。

ナッツは油を多く含んでいます。

ナッツを食べ過ぎて油が胃に留まっている間、胃痛や胃もたれを起こすことがあります。

ナッツの袋を開封して空気に晒され油が酸化すると消化不良の原因になります。

ナッツは消化がよくありません。摂りすぎると胃痛を引き起こすことがあります。

腹痛や下痢を起こす

ナッツには不溶性食物繊維を多く含んでいます。

不溶性食物繊維は便のかさを増やして腸の動きを促し腸を刺激します。

水溶性食物繊維とバランス良く摂ればお腹がすっきりするのを助けてくれますが

不溶性食物繊維だけを多く摂ると便の水分を吸収し便が固くなり腹痛を引き起こします。

ナッツには脂質も多く含まれていて食べ過ぎると消化不良を起こした結果下痢になることもあります。

頭痛や吐き気がする

ナッツに含まれる脂質が吐き気の原因になることがあります。

下痢の原因と同様に脂質を多く摂取することで消化不良を起こし、吐き気がすることがあります。

頭痛の原因は糖質です。

低血糖状態になると頭痛を起こします。

鼻血がでる

実は、ナッツを食べて鼻血が出る可能性は低いです。

医学的にナッツと鼻血の関連性は証明されていません。

ナッツにはポリフェノールが豊富で、ポリフェノールは血行を良くする作用があるとされています。

そのため、血行が良くなり血流が良くなりすぎると鼻血が出る可能性があります。

食べ過ぎなければ鼻血が出る可能性は低いです。

パッケージがおしゃれで個包装なのでとても人気なんです。

お値段もお手頃なので高評価な商品です。

▼良かったらチェックしてみてくださいね

-お菓子

© 2022 お取り寄せノート Powered by AFFINGER5